COLUMN

ポリウレア塗装の専門業者

ポリウレア塗装のポリウレアとは?施工の流れやメリット・デメリット

ポリウレア塗装の特徴とメリット・デメリット

ポリウレア塗装は、工場や倉庫の多くが、防水・防食を目的に採用しています。そもそもポリウレア塗装に用いられるポリウレア樹脂とは、どのようなものなのでしょうか?こちらでは、ポリウレア樹脂の特徴や、ポリウレア塗装の流れとメリット・デメリットについてご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

工場・倉庫でポリウレア塗装を使おう!そもそもポリウレアってなに?

多くの工場や倉庫が、防水・防食などを目的に採用しているのが、ポリウレア塗装です。ポリウレア塗装で使われるポリウレア樹脂とは、いったいどのようなものなのか、ご存じでない方も多いかと思います。こちらでは、ポリウレア樹脂の特徴についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

外注費用のない適正価格でのご提案が可能!ポリウレア塗装を依頼するなら商環境コニシ株式会社

ポリウレア塗装を行う企業・商環境コニシ株式会社が解説-ポリウレア樹脂の概要

次世代のライニング剤として注目を集めているのが、で使われるポリウレア樹脂です。「100年コーティング」や「柔らかいステンレス」との異名を持つポリウレア樹脂とは、イソシアネートとポリアミンが化学反応して生成される樹脂化合物です。日本には1989年に上陸した、比較的新しい素材です。

ポリウレア樹脂の形成による、防水性や防食性、耐摩耗性、耐薬品性に優れた強力な皮膜を塗布することで、対象物の強度を高めることができます。また、ポリウレア樹脂はわずか数秒~数分で硬化するだけでなく、速乾性にも優れているので、様々な状況での施工が可能です。他にも、ポリウレア樹脂の中には伸縮率が400%以上のものもあり、並外れた柔軟性によって生み出される強度は、軍事施設などの防爆対策に用いられるほどです。さらに、優れた強靭性を持つポリウレア樹脂は、溶剤を使用しないため、環境に優しいことはもちろん、ポリウレア塗装の施工も安全に行うことができます。

ポリウレア塗装を行う企業・商環境コニシ株式会社が解説-ポリウレア樹脂の概要

ポリウレア塗装を行う企業・商環境コニシ株式会社が解説-ポリウレア樹脂の特徴

ポリウレア樹脂には、様々な特徴があります。

圧倒的な強度と柔軟性

ポリウレア樹脂の最大の特徴が、圧倒的な強度と柔軟性です。スプレー工法の1工法のみでも、継ぎ目のない被膜面を形成することができます。対象物の形状を選ばず、多種多様な施工展開が可能です。また、強度はコンクリートと同程度ながら、グレード次第では400~500%もの伸縮率を持つものもあります。

抜群の速乾性

ポリウレア樹脂は、塗布後すぐに硬化が始まるので、床と同じように壁や天井にもスプレーで塗布することが可能です。抜群の速乾性を誇っており、ほんの数十秒~数分ほどで硬化するため、条件次第では工期を大幅に短縮することができます。

優れた耐薬性や防水性

ポリウレア樹脂の耐薬性に優れているグレードでは、長期間に渡って酸やアルカリによる腐食を防ぐことが可能です。また、高い防水性により、対象物を水や汚れから守ることができます。

紫外線に強い

ポリウレア樹脂は紫外線に強いため、屋外の対象物にポリウレア塗装を施工することで、紫外線による劣化を防ぐことができます。また、高い耐候性を誇るグレードであれば、屋根や外壁などの施工でも、ポリウレタン塗装と違って、トップコートが必要ありません。

加水分解しない

ポリウレア樹脂はポリウレタン樹脂のように、加水分解することがありません。

あらゆる素材に使用可能

コンクリートや金属をはじめ、木材やプラスチック樹脂など、あらゆる素材にポリウレア樹脂は使用できるので、多種多様な対象物にポリウレア塗装の施工が可能です。

環境に優しい

ポリウレア樹脂は無溶剤・無触媒のため、環境に優しいことも大きな特徴です。また、刺激臭もなく揮発しないため、閉塞空間の作業においても安全です。

倉庫・工場でポリウレア樹脂を使おう!流れとメリット・デメリット

ポリウレア樹脂には優れた特徴があるので、倉庫や工場の補強効果や遮熱効果、防水効果を高めるために、ぜひ取り入れることをおすすめします。こちらでは、ポリウレア塗装の施工を依頼する前に確認しておきたい、ポリウレア塗装の施工の流れと、メリット・デメリットについてご紹介します。

ポリウレア塗装なども行う建築現場の足場

ポリウレア塗装を行う企業・商環境コニシ株式会社が解説-ポリウレア塗装施工の流れ

倉庫や工場へのポリウレア塗装は、どのように施工するのでしょうか?一般的なポリウレア塗装の、屋根と駐車場への施工の流れを確認しましょう。

屋根の施工の流れ

・足場の設置
より効率よく施工を行うためや、周囲へ飛散しないようメッシュシートを設置する際は、足場を仮設します。ただし、安全対策上問題なければ、足場の設置は必須ではありません。

・屋根の確認
屋根に穴があいていないか、錆びてボロボロになっていないかなど、不具合を確認します。必要に応じて、劣化の補修などの処理を行います。

・養生
万が一に備え、屋根周辺に養生をします。

・ボルトカバーの取り付け
ボルト周辺の雨漏り防止のため、ボルトカバーの取り付けや、下地処理を行います。(ポリウレア塗装後にトップコートを塗布する場合は、トップコートを塗布する前に行います。)

・プライマーの塗布
スプレーやローラーなどを使って、プライマーを塗布します。

・ポリウレアの塗布
プライマーの乾燥後、事前に決定した材料や厚みで、ポリウレア塗装を行います。ポリウレア塗装では、ポリイソシアネートと特殊ポリアミンをスプレーで衝突混合させ、化学反応によって素早く硬化させます。

・トップコートの塗布
ポリウレアを保護するため、トップコートを塗布します。

・検査
ポリウレア塗装の施工に問題がないかどうか、入念に検査を行います。

・足場の解体
足場を解体して作業終了です。

駐車場の施工の場合

・既存の防水層の撤去
既存の防水層を、ハガシ機などを用いて撤去します。

・研磨
既存の防水層を撤去後、研磨機などを用いて、躯体に残った下地などを除去します。

・プライマーの塗布
躯体とポリウレアが強固に接着するように、プライマーを塗布します。

・下地の処理
下地にひび割れなどがある場合、シーリング材で処理します。

・ベースの塗布
飛散防止の養生をおこない、ベースを塗布します。

・ポリウレアの塗布
飛散防止の養生を行い、ポリウレア塗装を行います。ポリウレア塗装では、ポリイソシアネートと特殊ポリアミンをスプレーで衝突混合させ、化学反応によって素早く硬化させます。

・トップコートの塗布
ポリウレアを保護するため、トップコートを塗布します。

・ライン引きや車止めの設置
必要に応じて、ライン引きや車止めの設置を行います。

・検査
ポリウレア塗装の施工に不具合がないかどうかの検査を行い、問題がなければ作業終了です。

merit・demeritの看板

ポリウレア塗装のメリット・デメリット

防水性や耐食性、耐摩耗性、防錆性、耐爆性、耐衝撃性、防音性、断熱性など、様々な優れた特性のあるポリウレア塗装ですが、やはりメリットだけではなく、いくつかのデメリットもあります。ポリウレア塗装の施工を業者に依頼する前に、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット

・施工時間の短縮
ポリウレア塗装の最大のメリットの1つが、ポリウレア樹脂の抜群の速乾性により、施工時間が短縮できることです。

・稼働停止時間の短縮
ポリウレア塗装は塗装後、数十秒~数分後には塗装面の上を歩くことができるので、倉庫や工場などの稼働停止時間を短縮することができます。

・閉塞空間でも作業が可能
溶剤を使用せず、揮発がないポリウレア塗装では、閉塞空間でも安全に作業することができます。

・寒冷や低温の環境での安定的な硬化
施工する環境が寒冷や低温であっても、ポリウレア樹脂は安定的に硬化します。

デメリット

・適切な取り扱いが必要
ポリウレア塗装の施工では、下地処理やプライマー選びなどを適切に行わなければ、ハイスペックなポリウレア樹脂の特性を、十分に発揮することができません。各メーカーによりポリウレアの材料の特性は異なりますので、慎重に選びましょう。

・耐熱や耐薬品の事前の検証が必要
耐熱や耐薬品を目的にポリウレア塗装を行う場合は、事前の検証が必要となります。誤った仕様で施工すると、ポリウレアの浮きや剥がれが生じる可能性があります。

・初期投資費用がかかる
ポリウレア塗装はハイスペックなため、初期投資費用が大きくなります。

商環境コニシ株式会社は、ポリウレア塗装の施工を手掛けております。専任担当者による現場調査から、お見積もり・設計・施工管理まで、すべて自社にて一貫体制で行っており、コストを削減することが可能です。また、屋上防水を始め、貯水槽や防火水槽の補強塗布など、様々な経験と実績がございます。施設の規模を問わず、多種多様な施設・設備へのご提案が可能です。商環境コニシ株式会社のホームページでは、施工事例を掲載しておりますので、ポリウレア塗装をご検討中の方は、ぜひ一度ご確認ください。

ポリウレア塗装で防水・防食加工をしよう!

ハイスペックな特性を持つポリウレア樹脂で、ポリウレア塗装を施工しませんか?ポリウレア塗装はビル屋上やスレート屋根、工場の床や立体駐車場、タンクの外部や内部など、様々な場所と用途での施工が可能です。ご要望やお困りごとは、商環境コニシ株式会社で承っておりますので、お電話・メール・お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

ポリウレア塗装なら商環境コニシ株式会社へ

社名 商環境コニシ株式会社
代表者 古西 光義
設立 平成2年10月4日
資本金 1000万円
住所 〒652-0058 兵庫県神戸市兵庫区菊水町1丁目2−3
TEL 078-521-5711
FAX 078-521-5713
Eメールアドレス info@lining-konishi.com
URL https://lining-konishi.com/
お問い合わせ時間 平日9:00 ~ 17:00(年末年始・祝日を除く)
建設業の種類 建築工事業
建設業許可番号 兵庫県知事 許可(般 - 30) 第114152号
許可の有効期限 平成30年7月30日から平成35年7月29日まで

施工事例

一覧を見る

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談

メールでのお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

078-521-5711

平日9:00 ~ 17:00(年末年始・祝日を除く)