COLUMN

コラム

【兵庫 防水塗装】工場・倉庫に多い金属屋根の寿命はどのくらい?

兵庫で工場・倉庫の屋根の防水塗装をするなら屋根の寿命や工事方法を確認しましょう!

工場や倉庫に使用されている屋根材の寿命は20~30年です。劣化対策として葺き替えやカバー工法、各種塗料などが利用されます。兵庫で屋根の塗装を検討している方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

工場に多いスレート屋根や金属屋根の寿命と屋根が劣化した際の補修方法

工場の煙突

工場によく使われているスレート屋根や金属屋根には、寿命があります。屋根が劣化した場合は、早期に補修することが重要です。

工場や倉庫の屋根の寿命

工場や倉庫の屋根に使われることが多いスレートや金属の寿命は、メンテナンスをしていない状態で20~30年程度だといわれています。工場の屋根が寿命を迎えてもなお放置しておくと、屋根材に錆ができ、雨漏りが発生するかもしれません。

工場の内部には水に濡れると故障してしまう機械や出荷前の製品があることも多く、雨漏りがビジネスに深刻なダメージを与えることも考えられます。工場の屋根や倉庫の屋根は、しっかりと老朽化対策をとることが重要なのです。

工場・倉庫の屋根の老朽化対策に利用される工法

工場や倉庫の老朽化対策に利用される工法としては、以下が挙げられます。

葺き替え

葺き替えとは、古い屋根を取り除いて新しい屋根に替える工事方法のことです。屋根の状態が著しく悪化している場合や、屋根が破損している場合などにおいて、利用されることが多い方法です。ただし、既存の屋根を取り除く必要があり、工場であれば生産活動を一定期間ストップさせる必要があるため、あまり積極的には利用されません。

カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根の上から新しい屋根を重ねる工事方法です。葺き替えのときとは異なり屋根を撤去する必要がないため、コストを抑えやすく、短い工期で済みます。屋根の損傷・劣化が激しく、工事を早急に済ませたい場合には、特に適している方法です。工期を長く取れない場合でもおすすめです。

遮熱防水塗料

遮熱防水塗料を屋根に塗布する方法です。遮熱と防水の機能を兼ねており、伸び率がよい塗料であれば、比較的リーズナブルに工事できる点が魅力です。ただし、防水や遮熱はできても屋根の補強にはつながらないため、既存屋根が著しく劣化している場合は、あまりおすすめできません。劣化して強度が落ちた屋根には、強風による吹き飛びや屋根の上に乗った際の踏み抜きなどの危険があります。

ポリウレタン工法

ポリウレタンと断熱材を組み合わせて使うことで、既存の屋根材の踏み抜き防止や工場の温度の安定化につながります。また、カバー工法とともに老朽化防止に使用する方も多くいる方法です。ただし、ポリウレタンは長期的に見ると強度に難があります。加えて耐用年数に合わせて塗り直しをすることも必要です。

ポリウレア工法

ポリウレアは、高い強度と耐久性能を持っている素材です。そのため屋根の劣化対策としてポリウレアを利用すると、強風による屋根の吹き飛びや飛来物による破損などへの対策になります。さらに純ポリウレアであれば対候性にも優れ、トップコートの塗り直しの必要がありません。

商環境コニシ株式会社では、最初のご相談から施工まで、お客様のご要望にワンストップで対応しております。屋根の劣化対策をご検討中であれば、ぜひともお気軽にご相談ください。

屋根の劣化対策には様々な工法が!商環境コニシ株式会社へご相談を

腕を組む作業着の男性

工場や倉庫に使用されている屋根には寿命があり、基本的には20~30年程度だとされています。屋根が寿命を迎えた後もなお放置し続けると、雨漏りなどの原因になるため注意が必要です。雨漏りが発生すると工場や倉庫内の備品や製品に悪影響を及ぼすこともあるため、ビジネスに影響を与える可能性もあり、決して軽視できません。

屋根の劣化対策には、様々な方法があります。葺き替えは屋根を取り替える工事方法であり、工場では生産ラインを止められないことから既存の屋根の上に重ねるカバー工法を利用することが一般的です。また、塗料を使用することも多々あり、遮熱防水塗料やポリウレタン工法、ポリウレア工法がその例として挙げられます。

中でも耐久性や強度、対候性に優れた方法として、ポリウレア工法がおすすめです。ポリウレアを使用した工場・倉庫の屋根の防水塗装をご希望の場合は、お客様のご要望にワンストップでお応えする商環境コニシ株式会社へお任せください。

防水・耐熱塗装に関するコラム

兵庫で工場や倉庫の防水塗装のことなら商環境コニシ株式会社へ

社名 商環境コニシ株式会社
代表者 古西 光義
設立 平成2年10月4日
資本金 1000万円
住所 〒652-0058 兵庫県神戸市兵庫区菊水町1丁目2−3
TEL 078-521-5711
FAX 078-521-5713
Eメールアドレス contact@lining-konishi.com
URL https://lining-konishi.com/
お問い合わせ時間 平日9:00 ~ 17:00(年末年始・祝日を除く)
建設業の種類 建築工事業
建設業許可番号 兵庫県知事 許可(般 - 30) 第114152号
許可の有効期限 平成30年7月30日から平成35年7月29日まで

メールフォームでのお問い合わせ・ご相談

メールでのお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

078-521-5711

平日9:00 ~ 17:00(年末年始・祝日を除く)